アウトドア焚火三脚そろそろキャンプに最適のシーズンになってきた。 そんなキャンプにおいての一番の楽しみといえば、多くの人にとって「焚き火」ではないだろうか。 私もそうである。
これまで幾つかの焚き火台を購入し使ってきたが、もともとはファミリーキャンプ用に購入したもので、結構サイズも重量もデカイ。 今年、私のソロキャンプテーマは「コンパクト」「軽量」で焚き火台も見直したいと思っていた。 その際に、見つけたのがこの商品…↑↓

アウトドア 焚火三脚 トライポッド ライダーズファイアクレードル

「アウトドア 焚火三脚 トライポッド ライダーズファイアクレードル」

 

焚き火台でコンパクトを目指そうとすれば、おのずとメッシュ式の焚き火台になるのだが、今までは選択肢として最有力に考えていたのが「ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2」だった。↓(写真)

ユニフレーム・ファイアスタンド「収納サイズ:60x60x570mm、材質:18-8ステンレス、重量:700g」

重量的に700gは許容範囲であるとして、私がこの商品に持ってた不満は収納サイズの長さ570mmだった。
今後のソロキャンプはなんとかすべての道具をザック一つに収めたい。その際に570mmという長さはいささか問題だと感じていた。

ドッペルギャンガー・アウトドア焚火三脚

そんな時に見つけたのが今回購入したドッペルギャンガーのアウトドア焚き火三脚なのである。
重量こそ715gとUNIFLAMEのファイアスタンドよりも僅かに15g重いのだが、その収納サイズたるや、(約)直径60×長さ290mmとUNIFLAMEの半分近くのサイズなのだ。 おまけに焚き火台のみならずトライポッドの機能を有している!(※というかトライポッドに焚き火台がついたもの)。価格は5001円(2016年10月amazon価格)とUNIFLAMEより1000円程度安い。

amazonの評価等々読んでみたが、満足度は高そうである。

次のキャンプの楽しみがまた一つ増え、そして私はまた一歩、成仏に近づいた。合掌